FC2ブログ

はじめに

2019.12.31.14:00

このブログは、日本各地や海外で自転車を楽しんでいる
秋山岳志が作成しています。

私個人のサイクリングや自転車通勤のレポートと同時に、
自転車をめぐる環境、インフラ、法整備などについての
問題点を指摘することを目的としています。

2012年12月、
ここ数年の取材を元に単行本を発行しました。
『自転車が街を変える』 (集英社新書)

ご一読いただければ幸いです。


使っている自転車はラレー・クラブスポーツ(クロスバイク)、
ブロンプトンM3L(折りたたみ)、ウィリエール・モンテグラッパ(ロードバイク)。


Facebook


このブログのほかに、以下2つを書き続けております。
●『機関車トーマス』とイギリス鉄道遺産
●英国運河をナローボートで旅するには?


東京近郊でのサイクリングツアーを企画しています。
Facebook (Tokyo Backstreets Bike Tour ~Center and Suburbs of Tokyo ~)


これまで執筆してきた単行本
     

編著
女子のりもの系就職図鑑女子のりもの系就職図鑑
(2008/11)
東京乗り物研究会

商品詳細を見る
スポンサーサイト

tag : ラレー ブロンプトン

函館リサーチ

2019.06.12.21:34

自転車ツアーコースのリサーチも兼ねて、函館に行ってきました。

前泊地の盛岡から電車で青森、
青函フェリーで函館に渡り、まずは在住の旧友と居酒屋へ。
IMG_20190604_194821.jpg
古い雰囲気が素敵な店でした。

翌日はちょっと雨模様でしたが、
思い切って、宿泊した宿、Hakobaレンタサイクルを借り、走り出しました。

自転車はヤマハの電動アシスト。
DSCF5358.jpg

ウエラブルカメラでの撮影がメインで、
訪問した場所は、いわゆる有名観光地ばかりですが、
こんな動画を作ってみました。。


函館朝市。
DSCF5375.jpg
どこそうですが、外国人観光客の比率が高かったです。
店員さんにも、けっこう外国人がいますね。

五稜郭。
DSCF5383.jpg

柄にもなく、アイスクリームなどいただいてしまいました。
DSCF5391.jpg

カトリック教会のあたりは、
距離は短いですが、急坂が多く、
電動アシストはありがたかったですね。
DSCF5415.jpg

昼食は、函館のソウルフード?
ラッキーピエロのハンバーガーです。


谷地頭温泉で一息つきます。
DSCF5443.jpg

あとは、ベイエリアをぶらぶら。
買物らしい買物は、家族へのお土産くらいでしょうか。
DSCF5454.jpg

最終便での帰京でしたので、夕食は迷ったのですが、
昨晩会った友人お勧めの「ハセガワストア」の焼鳥丼を、
機内でいただきました。
IMG_20190605_200203.jpg

この日、結局雨らしい雨はなく、レンタサイクルは正解でしたね。
私の普段からの心掛けがよいからでしょう(笑)

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

tag : 函館 レンタサイクル

「自転車押し歩きも排除」の理由

2019.05.17.09:46

江東区の小名木川は、運河ファンの私が大好きな川で、
これまで何度となく自転車で走ったことがあるのですが、
先日、久々に訪問してみたら、こんな表示を見つけてしまいました。
DSCF5185.jpg
これでもか! というくらいの、自転車進入禁止。
しかも、押し歩きも許さいないという徹底ぶりです。

小名木川の河岸は、長い間大工事が行われていて、
これからきれいに整備されるんだろうなぁ、
と期待していたら、こんな姿になってしまっていました。

走行禁止というのはわかるとして、
押し歩き、つまり歩行者となっても進入禁止とは、
どういう了見なんでしょうか?

ただ、小名木川の全区間ではなく、
横十間川とのジャンクションになっているクローバー橋の両側のみ。
DSCF5183.jpg
でも、この場所だけは、近くの公道に回らなくてはいけません。

最近、都内では自転車の走行環境がどんどん良くなってきていて、
走っていて、イラっとすることも少なくなってきていたのに、
久しぶりに、怒りで記事が書きたくなりました。

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

tag : 小名木川

三浦半島サイクリング ~逗子から三浦海岸へ~

2019.05.11.17:05

この10連休、逗子から三浦海岸まで、ブロンプトンで走りました。

同行してくれたのは、8年前にSNSで知り合ったKさん。
当時はやっていたmixiのブロンプトンコミュニティが主催したツアーで、
やはり同じ三浦半島を走った時以来です。

SNS依存はいただけませんが、
SNSがなければ知り合えなかった方というのも、
またありがたいでものです。

まずは、動画でダイジェストをご紹介。


Kさんのブロンプトン、現在も保有されてはいるものの、
今回は、メインで使っているバーディでのご参加。
DSCF5108.jpg

集合は逗子駅、駅前にある人気のカレー店で「マッチポイント」で、
まずは昼食です。
DSCF5107.jpg

私が頼んだのはレトロカレー。
どんなものかと思っていたら、いわゆるドライカレーですね。

逗子から、Kさんの先導で海岸を目指します。

葉山を経由して長者が崎へ。
DSCF5112.jpg

この後姿がKさんです。
DSCF5114.jpg

多くのサイクリストが立ち寄るという立石公園。
DSCF5120.jpg

ソフトクリームが絶品、とのことで、
少し丘を登ってたどり着いた関口牧場。
DSCF5124.jpg

農協の販売所も見学。
DSCF5127.jpg

そして京急の三崎口駅がゴール。
DSCF5135 (2)

ここから電車で帰ってもよかったんですが、
8年前の時と同じように、三浦海岸駅近くのホテルにある日帰り温泉で汗を流し、
駅前の居酒屋で仕上げました。
IMG_20190502_155755.jpg

ご自宅が三浦半島にあるKさん、
この日、走ったルートは、お庭のようなものなんでしょう。

またいずれ、ご一緒に走る日を、楽しみにしております。

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

tag : ブロンプトン 三浦半島

バンコクとビエンチャンのサイクリスト

2019.04.22.15:57

4月中旬、4泊6日でタイバンコクラオスビエンチャンへ取材に行きました。
おもな目的は、ビエンチャンの仏暦正月「ソンカーン」の撮影でしたが、
その合間に観た自転車をご紹介します。

バンコクでは、スクンビット通りで、いきなり車道走行の自転車と遭遇。

こういう走り方をするサイクリストが、タイにも出てきたんですね。

いつもお世話になっているABCツアーの事務所にも、お邪魔しました。
IMG_20190413_090851.jpg
ちょうどミーティング中で、社長のマイケルさんとちょっとだけお話しして、辞去。

ビエンチャンでは、正月の水かけ祭りの中を果敢にもスルーしようとするサイクリストが。
DSCF4815.jpg

もちろん、ずぶぬれになります。
DSCF4814.jpg

上の写真ではわかりにくいですが、沿道はこんな感じですので。
DSCF4829.jpg

ガイド付きツアーのような団体も見ましたね。
DSCF4951.jpg

旧知のラオス人とビエンチャンで再会して話したのですが、
ここで、私が東京でやっているのと同じようなツアーができないかな?
という野望も湧いてきました。

日本に比べて、やりようによってはいくつものアイディアが実現しそう、
そんな勢いのある国です。

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

tag : バンコク ラオス タイ ビエンチャン

プロフィール

canalmania

Author:canalmania
1963年生まれ。
東京都在住。
家族は妻と2人の息子。

自転車のほか、
世界の水路、鉄道遺産
などに興味があります。

Owner's Page
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR