はじめに

2017.12.31.14:00

このブログは、日本各地や海外で自転車を楽しんでいる
秋山岳志が作成しています。

私個人のサイクリングや自転車通勤のレポートと同時に、
自転車をめぐる環境、インフラ、法整備などについての
問題点を指摘することを目的としています。

2012年12月、
ここ数年の取材を元に単行本を発行しました。
『自転車が街を変える』 (集英社新書)

ご一読いただければ幸いです。


主に使っている自転車はラレー・クラブスポーツ(クロスバイク)、
ブロンプトンM3L(折りたたみ)です。
2016年2月、初めてのロードバイクとしてウィリエール・モンテグラッパが加わりました!

そのほか、妻が主に使っているラレー・マリオン26もたまに乗ります。


仕事関係では以下の2つのブログを書き続けております。
●『機関車トーマス』とイギリス鉄道遺産
●英国運河をナローボートで旅するには?

これまで執筆してきた単行本
     

編著
女子のりもの系就職図鑑女子のりもの系就職図鑑
(2008/11)
東京乗り物研究会

商品詳細を見る
スポンサーサイト

tag : ラレー ブロンプトン

新しい携帯用ポンプ

2017.02.17.17:46

多摩川サイクリングロードから八王子方面まで走ろうと、
ブロンプトンで国道246号線を走っていたら、瀬田の交差点付近で空気の抜けに気がつきました。

そこまでの動画はこちら。


この日の午前中にチューブを換えたばかりなのに?
と訝しく思いつつ、付属の空気入れで注入。

そういうことを何度も繰り返しているうちに、
ポンプをしっかりはめていいなかったらしく、
後輪に巻き込んでしまいました。
IMG_20170202_131151_640.jpg
ああ、こんな姿に・・・・・。

あとは目的地まで輪行となりました。


空気抜けの原因は後日解明するとして、
新しい携帯ポンプ購入を考えなくてはなりません。

ブロンプトン専用のものは、1タイプしかないはず。
でも、実際にこのポンプを使うことはほとんどありませんでした。

都内を走る場合は、「パンクしたら輪行」と割り切っているので、
チューブも工具も持ちません。
もちろん、ポンプも必要なし。

想定されるのは、郊外などの長距離サイクリングですよね。
でも私、外で自分でチューブ交換したのは1度きり。

サイクリングの場合はどうしても携帯用ポンプが必要になりますが、
昨年ウィリエール(ロードバイク)を購入したことで、こちらで走る場合も必要になります。

ということは、ブロンプトンでウィリエールでもでも、
はたまた、もしかしたらラレー(クロスバイク)でも使えるものがベター、
ということになります。

調べてみると、携帯用ポンプもいろいろありますねぇ。
で、こちらのブロガーさんの記事で決めたのがこれ。
IMG_20170211_091247_640.jpg

ちょうどヨドバシカメラに行く用事があったので、
その自転車コーナーで購入しましたが、
通販でも入手できます。


壊れたブロンプトン専用ポンプとほぼ同じサイズですね。
IMG_20170211_091258_640.jpg
もちろん、ブロンプトンのホルダーへの取り付けはできませんが・・・・・。

ゲージは付いていませんが、その分安いですし。
サイクリング中の空気入れですから、いわゆる「緊急用」ということで、
きちんと空気圧を見ながら入れるのは帰宅後でいいですしね。


とりあえずテストで使ってみましたが、なかなか快適な使い心地でした。



自転車が街を...

自転車が街を...
著者:秋山岳志
価格:756円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

tag : ブロンプトン ポンプ

自転車利用環境向上会議 in 静岡レポート

2017.01.31.07:48

1月27日、28日に静岡で開催された
自転車利用環境向上会議に参加してきました。

今回で4回目となるそうですが、東京から比較的近い静岡ということで、
思い切って足を延ばすことに。

もっとも、節約派の私の足は高速バス。
DSCF0035_20170131092339fe1.jpg
出発が自宅から近い渋谷、
到着は、会場がある東静岡駅とドンピシャのアクセスで、
しかも運賃は約2000円と格安でした。

会議が行われたグランシップ。
DSCF0045_2017013109233723e.jpg

静岡市副市長のあいさつからはじまった会議。
IMG_20170127_130117.jpg

行政の担当者などのプレゼンテーションが続きます。
DSCF0048_20170131092340662.jpg

最後はポスターセッション。
DSCF0053_201701310923419cd.jpg
様々な団体が、活動をアピールできる場です。

夜は公式の懇親会があったのですが、私は不参加。
ホテルにチェックイン後、静岡を徘徊しました。

まずは名物静岡おでんでウォーミングアップします。
IMG_20170127_174204.jpg

静岡に来ると必ず寄る(寄りたい?)、地酒のお店。
IMG_20170127_184417.jpg

ここでいったんホテルに帰ってベッドに入ったのですが、
0時過ぎに目が覚めて寝られなくなり、夜中の両替町へ出て、
普段はめったに取らない夜食を、立ち食いそば店で。
IMG_20170128_012642.jpg
しらす天そば、っていうのが静岡らしいです。


2日目の朝は、前日に静岡駅で買っておいた駅弁、
「鯛めし」が朝食です。
IMG_20170128_074134.jpg
今は亡き祖母が住んでいたことで、子供時代にたびたび訪問していた静岡で、
買ってもらうのが楽しみだった思い出の駅弁。

でも、前日からホテルの冷蔵庫に入れておいたらボソボソになってしまい、
大失敗。


気を取り直して、徒歩で会場、駿府城の横にある静岡市民文化会館に向かいます。
その前には、さっそく自転車レーンが。
DSCF0078_2017013109234337f.jpg

そして文化会館。
DSCF0080_20170131092429551.jpg
昨日のグランシップとはうって替わって、かなり老朽化した施設。
1978年オープンということですが、グランシップとのギャップがすごい(笑)

会議のほうは、金沢で自転車走行環境を整えてきた三国さんを進行役に立て、
同じ金沢で協働してきた行政関係者がプレゼンテーションします。
IMG_20170128_095643.jpg
質疑応答では、住民を巻き込んだ環境整備の際に、
障がい者の意見をどう取り入れるか、などが議論されました。


午後は、2グループに分かれて現地視察。
私はサイクルトレインを申し込んでおきました。

出発前にお弁当が出ます。
IMG_20170128_114333.jpg
会議資料には「軽食」とあったのですけど、立派な幕の内でした。

食事の後、4グループに分かれてサイクルトレインに向かいます。
私は1班で、そのリーダーは、清水ママチャリライドの望月さん。
DSCF0090_20170131092434ac9.jpg

およそ30人が参加、自転車もその数用意されましたが、
ロードタイプからいわゆるママチャリまで、より取り見取りの中、
私に回ってきたのがこちら。
DSCF0089.jpg
通勤なんかによさそうな、クロスと軽快車の中間くらいのタイプです。

市民文化会館から新静岡駅まで移動。


自転車ごと改札口を通過し、車内に入ります。
DSCF0092_20170131092546e52.jpg

ほかの私鉄で持ち込んだことはありますが、
こうやって30余台もの自転車が入ると、ダイナミックです。


自転車を重ねるように並べますが、
真ん中を通るのが難しいくらいぎっしりになります。
DSCF0102_201701310925491f3.jpg

外側から見ます。
DSCF0098_20170131092548f76.jpg

ちびまる子ちゃんの車内アナウンスとともに出発。


30分ほどで新清水駅に到着。


ここからは、班ごとの行動になります。
DSCF0109_20170131092551e7a.jpg
望月さんから注意事項の説明。

いよいよ清水を走ります!


最初の目的地はエスパルス・ドリームプラザ。
DSCF0113.jpg
後方に見える鉄骨は、テルファークレーン。
荷下ろし作業を劇的に短縮したそうで、
今では登録有形文化財に指定されています。

港の反対側に移動。

富士山がきれいですね。
DSCF0124_20170131092655a2f.jpg
ここは、三保などに水上バスも出ているエリア。

駐車場の裏に、かの清水の次郎長親分が造った「次郎長堤」があります。
DSCF0123_20170131092653aa4.jpg

さらに移動します。


倉庫街に到着。
DSCF0132.jpg
現在は使用されていない倉庫も多いようです。
サトウキビなんかが貯蔵されていたとか。

移動を続けます。


最後の訪問地は、美濃輪神社。
DSCF0139_2017013109274458c.jpg
次郎長が奉納した柱があるほか、
彼が就航に尽力した清水~横浜航路の船の名前が入った柱もあります。
DSCF0134_20170131092658d2e.jpg

新清水駅に戻ります。


サイクリングの時間は1時間くらいだったでしょうか。
DSCF0146.jpg

駅前で、主催者団体によるクイズ大会がありました。
こういうイベントで、賞品をゲットできたためしがない私ですが、
なんと1番をいただいてしまいました。
DSCF0154_201701310927500dd.jpg
「次郎長笠」というお菓子。
後日いただきましたが、巨大などら焼きでした。

新清水駅で、帰りの電車に乗ります。
DSCF0150.jpg

今度は私たちの班が最初の乗車だったので、
自転車ごと先頭車両まで進みます。


新清水駅を発車。


新静岡駅に到着。
DSCF0158.jpg
ホームにいた一般の乗客は、
電車から次々出てくる自転車をものめずらしそうに眺めていました。

その足で文化会館に戻ります。


最後に、主催団体などからの挨拶が。
DSCF0160_2017013109285413f.jpg

これで、2日間の日程はすべて終了。

ですが、東京行きのバスまでまだ時間があったので、
静岡在住の大学時代の友人をカフェに呼び出しました。
170128_164030.jpg

彼と別れて、夕食は、静岡県でしか展開していない幻のファミレス、
「さわやか」で、げんこつハンバーグ。

長蛇の列で、着席するまで、40分くらいかかりましたね~。

まだ時間があったので、鷹匠にある「蔵」という居酒屋で、
またしても地酒をいただきます。
IMG_20170128_192922.jpg

良い酔いな気分でバスに乗車。

静岡市は「サイクルシティ」を標榜していて、
さらに自転車都市をアピールしていくそうで、
これからが楽しみです。



自転車が街を...

自転車が街を...
著者:秋山岳志
価格:756円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

tag : 静岡 清水 自転車都市 サイクルトレイン 輪行

ガイドブック取材記 ~タイ編~

2017.01.21.11:01

ラオス取材の帰り、数日タイへ寄りました。

ラオス国境の町、ノーンカーイでは、
メコン川沿いのテラスに自転車道ができています。
DSCF8376_R_640.jpg

写真だと見えにくいですが、左端がメコン川。
DSCF8375_R_640.jpg

ところがここ、地元の人には「二輪専用道」と解釈? されているのか、
バイクのほうが多いという状況です。

バイクも飛ばしているわけではないし、数も知れているので、
許容範囲、ということなんでしょうかね。
DSCF8379_R_640.jpg

ノーンカーイのターサデート市場をのぞいてみると、
自転車をデザインしたTシャツが数多くそろっていました。
IMG_20161223_122736_R_640.jpg
なかなかセンスが良いと思います。
IMG_20161223_122745_R_640.jpg

全部買いたかったのですけど、身体は一つですから、
こちらの1枚をチョイス。
IMG_20170106_223609_640.jpg
女性向っぽい感じですが、袖の折り返しのレインポーカラーと、
バックプリントが気に入りました。
IMG_20170105_200813_640.jpg


ノーンカーイからバンコクへの移動は、ノックエアーというLCCを使いました。
IMG_20161223_153342_R_640.jpg

このエアラインは、社を挙げてサイクリストを応援しているようで、
機内誌では、オリジナル自転車グッズも売るコーナーもあります。
DSCF8396_R_640.jpg

こういう限定商品には弱い私、さっきノーンカーイでもTシャツを買ったばかりなのに、
つい購入してしまいました。
IMG_20170105_200611_640.jpg
本当は黄色がほしかったのですけど、売り切れで白に。

バックにはボトル用のポケットも付いています。
IMG_20170105_200639_640.jpg

後で知人に機内誌を読んでもらったのですが、
同社では、乗客1人に1台は自転車を無料で預かるそうです。
その際、輪行カバーをかぶせることと、タイヤの空気を抜くことが条件。

これって、今の日本の航空会社とほぼ同じ対応ですが、
おそらくタイではやっていなかったのだと思われます。


首都のバンコクでは、ついに? ブロンプトンユーザーを見ました!

BTS(高架鉄道)のサパーンクワイ駅で乗車しようとした私の前で、
改札口に入ろうとする2人の男性の姿が。
DSCF8510_R_640.jpg

エスカレーターで昇っていきます。
DSCF8513_R_640.jpg

列車到着。
DSCF8518_R_640.jpg

私のほうが先に下りてしまったので、彼らがどこまで行ったのかは不明です。
もう夜でしたから、すでにサイクリングは済ませて帰宅するところだったのかもしれませんね。

ちなみに、ブロンプトンの直営店、
ブロンプトンジャンクションバンコクにもあります。

また、ファンクラブもあるようです。

私もユーザーなので、いずれミーティングなんかにも参加してみたいですね。


BTSは、折りたたみで出ない自転車をそのまま持ち込むことできます。
DSCF8421.jpg
月~金 6:00~6:30
土・休日 6:00~9:00
毎日 22:00~24:00

と、極めて限定的な時間内ですが。

開通時は運賃の高さから、利用者が伸びなかったBTSですが、
バンコク市民の所得が上がってきたからでしょう、
最近はいつも混雑していますので、仕方がないのかもしれません。

もっとも、とにかく自転車なんてまかりならん! 
と門前払いの日本の鉄道に比べると、
なんとか自転車搭載を許可しようという姿勢には、好感が持てます。



自転車が街を...

自転車が街を...
著者:秋山岳志
価格:756円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

tag : ラオス ビエンチャン ウドムサイ ルアンパバーン タイ ノーンカーイ ノックエア バンコク ブロンプトン

ガイドブック取材記 ~ラオス編~

2017.01.17.16:24

1年半毎にやってく某海外ガイドブックの取材で、またラオスに行ってきました。

自転車の取材ではないので、片手間に見たものばかりですが、
せっかくなのでご紹介していきます。

世界遺産に登録されているルアンパバーン
小さいエリアですが、徒歩だけで回るの辛いので、
レンタサイクル利用者が多い街です。
DSCF7922_R_640.jpg
今回、自分では利用しませんでしたが。

ナンバープレートが付いている車体もあります。
DSCF7115_R_640.jpg
自転車ナンバーの制度があるのかとも思いましたが、
付いているのとないのとがあり、よくわかりません。

こちらは、高級ホテルの貸し出し用。
DSCF7059_R_640.jpg
自転車はいわゆるママチャリですが、
ラックに整然と並べられている姿に好感を持ちました。


ルアンパバーンよりさらに北にあるムアンゴーイMuang Ngoiという村。
小さな村なのですが、郊外にある洞窟へ行くために自転車をレンタル。
DSCF7879_R_640.jpg
ジャイアントのMTBが何台かあったのですが、どれも状態が悪く、
相対的ベストで選んだのがこちら。
DSCF7870_R_640.jpg
道は未舗装ですが、それほどギャップがあるわけではなく、
とりあえず走ることに問題はありませんでした。
DSCF7875_R_640.jpg
徒歩40分の所へ、自転車だと10分で行けたのはありがたかったです。

別の北部の町、ウドムサイでは、郊外のリゾートホテルに宿泊しました。
このリゾート、敷地が広大で、宿泊者は自転車を自由に使うことができます。
IMG_20161205_161806_R_640.jpg
ビアンキのMTBが10台くらい、フロントの前に置いてありましたが、
実は倉庫などにもっとあるのかもしれません。

何台か試しましたが、どれも状態がかなり悪かったですね。
ここに限りませんが、自転車そのものの品質とか性能とかより、
メンテナンスの悪さが目につきます。
自転車専門のメカニックを置く、という意識までには、なかなか至らないのが現状でしょう。


ラオスで最後に訪れた、首都ビエンチャン
取材用に借りたのが、トレックのMTB。
IMG_20161220_090304_R_640.jpg

ビエンチャンで、いつも使っている店。
IMG_20161221_092212_R_640.jpg
市内のどこにでもあるレンタサイクル店ですが、
MTBに限っては、いつもよい状態です。
DSCF8134_R_640.jpg
Marlin6というタイプです。

私だって全部の店で借りたわけではないですが、
流れてきた日本の放置自転車、しかも何もメンテしていないのが主流という中で、
相対的に一番まともな部類をそろえていると思います。

このMTBで、周辺部の取材に出かけます。
DSCF8113_R_640.jpg

中心部から東方面へ。


今度は北方面へ。


中華街を走ります。

中華街といっても、横浜や神戸のそれと違って、
中国人が経営している店舗が並んでいるというだけ。
中華料理店街ではありません。

街のシンボルでもあるタートルアン前の広場。
DSCF8157_R_640.jpg

ラオスでは、自転車の盗難がかなり多く、
宿泊したゲストハウスでも、常に内側にワイヤーロックしておくよう言われました。
DSCF8255_R_640.jpg


夕方になると、川沿いには「自転車族」が集まってきます。
DSCF7979_R_640.jpg


後日、こんな方々にお会いしました。
DSCF7992_R_640.jpg
ジャージ上下でしっかり決めたオジサンたち。
どうやら、日本と同じく、自転車趣味はシニアに人気とみました。
DSCF7996_R_640.jpg
イケテる2人でした。
この方々の自転車もそうですが、ラオスのスポーツバイクは、前後ディスクが多いですね。
DSCF7997_R_640.jpg
単にカッコいいから、ではないかと推察しているのですが(笑)


翌日は、同じ店で、いわゆるママチャリを借りました。
IMG_20161221_092203_R_640.jpg
こちらは10,000キープ(約120円)です。

このタイプならほかのレンタサイクル店にもいくらもありますが、
そのほとんどが日本の放置自転車の流れモノ。
IMG_20161221_092219_R_640.jpg
引き取り手もなく、海を渡ってきたんですね。
もしくは、盗難車・・・・・。

どちらにしろ、自転車は大切にしていただきたいものです。



自転車が街を...

自転車が街を...
著者:秋山岳志
価格:756円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

tag : ラオス ビエンチャン ルアンパバーン ウドムサイ レンタサイクル

プロフィール

canalmania

Author:canalmania
1963年生まれ。
東京都在住。
家族は妻と2人の息子。

自転車のほか、
世界の水路、鉄道遺産
などに興味があります。

Owner's Page
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR