新しい携帯用ポンプ

2017.02.17.17:46

多摩川サイクリングロードから八王子方面まで走ろうと、
ブロンプトンで国道246号線を走っていたら、瀬田の交差点付近で空気の抜けに気がつきました。

そこまでの動画はこちら。


この日の午前中にチューブを換えたばかりなのに?
と訝しく思いつつ、付属の空気入れで注入。

そういうことを何度も繰り返しているうちに、
ポンプをしっかりはめていいなかったらしく、
後輪に巻き込んでしまいました。
IMG_20170202_131151_640.jpg
ああ、こんな姿に・・・・・。

あとは目的地まで輪行となりました。


空気抜けの原因は後日解明するとして、
新しい携帯ポンプ購入を考えなくてはなりません。

ブロンプトン専用のものは、1タイプしかないはず。
でも、実際にこのポンプを使うことはほとんどありませんでした。

都内を走る場合は、「パンクしたら輪行」と割り切っているので、
チューブも工具も持ちません。
もちろん、ポンプも必要なし。

想定されるのは、郊外などの長距離サイクリングですよね。
でも私、外で自分でチューブ交換したのは1度きり。

サイクリングの場合はどうしても携帯用ポンプが必要になりますが、
昨年ウィリエール(ロードバイク)を購入したことで、こちらで走る場合も必要になります。

ということは、ブロンプトンでウィリエールでもでも、
はたまた、もしかしたらラレー(クロスバイク)でも使えるものがベター、
ということになります。

調べてみると、携帯用ポンプもいろいろありますねぇ。
で、こちらのブロガーさんの記事で決めたのがこれ。
IMG_20170211_091247_640.jpg

ちょうどヨドバシカメラに行く用事があったので、
その自転車コーナーで購入しましたが、
通販でも入手できます。


壊れたブロンプトン専用ポンプとほぼ同じサイズですね。
IMG_20170211_091258_640.jpg
もちろん、ブロンプトンのホルダーへの取り付けはできませんが・・・・・。

ゲージは付いていませんが、その分安いですし。
サイクリング中の空気入れですから、いわゆる「緊急用」ということで、
きちんと空気圧を見ながら入れるのは帰宅後でいいですしね。


とりあえずテストで使ってみましたが、なかなか快適な使い心地でした。



自転車が街を...

自転車が街を...
著者:秋山岳志
価格:756円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

スポンサーサイト

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

tag : ブロンプトン ポンプ

comment

Secret

プロフィール

canalmania

Author:canalmania
1963年生まれ。
東京都在住。
家族は妻と2人の息子。

自転車のほか、
世界の水路、鉄道遺産
などに興味があります。

Owner's Page
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR