FC2ブログ

愛媛サイクリング視察 ~大洲編~

2020.10.13.22:04

八幡浜から伊予大洲へ、普通列車で移動します。
DSCF9607.jpg

大洲では、ブロンプトンを使ってサイクルツアーを行っている、
Go! Go! Brompton
のお世話になり、現地ガイドのmiwaさんに町を案内していただきました。
DSCF9616.jpg

このツアーの特徴は、miwaさんが車で自転車を運搬してくれるので、
その移動可能範囲であれば、基本的にどこでもツアーが開催できるところです。

私も愛用していますが、
ここまでコンパクトになるのは、やはりブロンプトンならではですよね。
DSCF9612.jpg

何台か持ってきていただいた中から、
ツートンカラーのM6を選ばせていただきます。
DSCF9613.jpg


まずは駅前で記念撮影。
120163387_2752146355053930_9031788299691617857_n (1)

そして、miwaさんのリードで大洲の中心部へ向かいます。
その途中、肱川の橋の上で撮影タイム。
DSCF9624.jpg

川沿いの道から大洲城へ。
かなり急な坂でしたので、2人で押し歩きして、到着。
120261738_365539601266370_1015801282073432332_n.jpg

大洲城は、近年になって再建されたものだそうで、
中は博物館のようになっています。
DSCF9638.jpg

DSCF9646.jpg
ほかのお城と同様、階段がかなり急なので、バリアフリー的ではありませんが、
登れるのであれば、天守閣からはなかなかの眺めが楽しめます。
DSCF9641.jpg

お城のふもとには、古民家を使った最近流行りの宿がありました。
DSC_6702.jpg

しばらく走って、旧市街へ。
道の駅に自転車を停めて、徒歩でぶらぶら歩きます。
DSCF9661.jpg

大洲は映画などのロケに使われることも多いそうで、
この通りは、「おはなはん通り」と呼ばれています。
DSCF9669.jpg
「おはなはん」はNHK朝ドラの第1作なので、
それなりのお歳の方なら覚えているかもしれませんが、
そろそろ違う名前にしたほうがよいかもしれません(笑)

昼食は、これもまた古民家スタイルのレストラン、
「油屋」でいただきます。
DSCF9677.jpg

夜は炉端焼きもあるそうで、中央には大きな囲炉裏カウンターが。
DSCF9672.jpg

和風にこだわった店内は、外国人好みかも。
DSCF9675.jpg


私たちがいただいたのは、「伊予の鯛飯定食」。
IMG_20200927_125209.jpg

最後はだし汁をかけていただく、お茶漬けスタイル。
IMG_20200927_125604.jpg

昭和レトロな町並みを再現したポコペン横丁へ。
DSC_6711.jpg

射的など、ゲームやら買い物やら、楽しめるようになっています。
DSCF9683.jpg

かつて銀行だった建物を使って、
現在はお土産物店になっている赤れんが館。
DSCF9692.jpg

そして、肱川沿いの丘にある臥龍荘へ。
DSC_6727.jpg

代々大洲を治めてきた藩主が別荘的に使ってきたという建物で、
明治に入ってから、豪商が買い取り、ここ余生を過ごしたのだとか。
DSC_6725.jpg
肱川を見下ろす最高のロケーション。
こんなところで暮らしたら、人生観も変わるでしょうね。
DSC_6726.jpg

最後、伊予大洲駅に戻る途中で、
miwaさんが「志ぐれ」という大洲名物を買ってくれました。
DSCF9703.jpg
いわゆる求肥というのか、
もちもちの生地に餡を練りこんだようなお菓子。
サイクリングで疲れた体に、よく効きます。

大洲にはどのような産業が栄えたのか、
詳細はわかりませんが、路地裏には飲み屋街っぽいところがあるので、
かつては、地場産業で働く人などでにぎわったのかも。
IMG_20200927_153914.jpg

大洲のダイジェストを、動画にしました。


伊予大洲駅前で解散です。
120324894_350687622720527_6928509591880112459_n.jpg

駅前にはレンタサイクルもありましたので、
自分で回ることもできます。
DSCF9610.jpg

しかし、隠れた観光ポイント、レストランのチョイスなど、
現地ガイドならではのコンテンツ満載のこのツアーはおすすめです!
Go! Go! Brompton

★東京下町の自転車ツアーなら、こちら!★
Tokyo Backstreets Bike Tour
スポンサーサイト



theme : 自転車
genre : 趣味・実用

tag : ブロンプトン 四国 大洲

comment

Secret

プロフィール

canalmania

Author:canalmania
1963年生まれ。
東京都在住。
家族は妻と2人の息子。

自転車のほか、
世界の水路、鉄道遺産
などに興味があります。

Owner's Page
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR