排出される二酸化炭素より「余計な」本

2011.12.21.06:11

ペダリスト宣言!―40歳からの自転車快楽主義 (生活人新書)ペダリスト宣言!―40歳からの自転車快楽主義 (生活人新書)
(2007/12)
斎藤 純

商品詳細を見る


ブームも手伝って自転車に関する本の出版が多いようだが、
自分の自転車経歴をダラダラ披瀝するにとどまる内容が少なくない。

こちらの本もその典型。
シクロクロスからフォールディングへ、そしてロードレーサーへ。

それはそれで自転車の読み物として成立しているのだが、。
話は「都会の水質問題」(pp74-75)、
さらには「絵の具」(pp76-77)にまで飛躍していく。

エッセイとは多分に横道にそれる傾向が高いが、
ここだけでなく、あまりにそれが多いと、
何の本だか読者がわからなくなってくる。

極めつけは「音楽」だ。
著者は、自転車に乗ることによって聴く音楽の趣向が変ったという。
そして話は古楽器にまで及んでいくのだが、
この辺の話題だけで2ページから3ページを費やす。

「紙幅に限りがある」
と何度も繰り返し述べているのに、
いたずらに紙面を費やしている愚行。

さらに調子に乗った著者は、
いわゆる環境問題にも触れていくのだが、
これがまた「紙幅を費やす」だけの空疎な内容に終始。

今どき地球温暖化を
「地球が暖かくなり、氷がとけて、海抜0メートルの島がなくなる」
という程度の認識しか持っていない人はいないと思う
(p178)


と自らの環境意識の高さを披露しようとしてはいるが、
その後に書かれているのは新聞やテレビでよく報道されている
環境の一般問題の「切り抜き」でしかない。

というか、「南の島がなくなる」ことだって、
相当重要な環境問題なんじゃないだろうか。

そして、環境に対する自らの実践のひとつが
「プリウスに乗ること」だというのだから、
もう失笑するしかない。
それほど環境問題にセンシティブであるのなら、
自動車そのものに乗るべきではない。

しまいには『クリンキディの話』という物語(詩?)まで詠みつつ、
自己陶酔の境地に入っていく。(p181)

環境問題に言及するあまり、
自分が書いているのが自転車の本であることを忘れてしまったようだ。


プロフィールによれば、
著者は盛岡生まれで、現在も在住しているという。

だとしたら、本書でも少しだけ触れられてはいるが、
盛岡のような地方都市で自転車をいかに活用するか、
これにもっと「紙幅を割く」べきであったろう。

ヨーロッパの、とりわけ中小の都市においては、
CBD(中心街)から車を締め出し、
路面電車と自転車と歩行者のみが通行できる交通体系を採用しているところが増えている。

だとしたら、いの一番に「自転車都市」を確立できるのは、
東京のような大都市ではなく、
盛岡のような地方都市なのではないか。

この筆者は、それに気がついていながら、
やたら音楽だの水だの、
それこそインクと紙という資源を
浪費する内容だけでこの本を作ってしまった。

彼のように、書いているうちに自分の文章に陶酔してしまい、
あらぬところに走ってしまう人は珍しくない。
それを修正してタイトな文章構築を手がけるのが編集者の仕事のはずだが、
どうやらNHK出版の担当者にその技量はないらしい。


図書館で借りれば、それで十分な本です。
スポンサーサイト

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

tag : 政策

comment

Secret

プロフィール

canalmania

Author:canalmania
1963年生まれ。
東京都在住。
家族は妻と2人の息子。

自転車のほか、
世界の水路、鉄道遺産
などに興味があります。

Owner's Page
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR