つくばりんりんロード走破記①

先日の講演でお声をかけていただいた方から聞いた
つくばりんりんロード」に行ってきました。

イギリスにも多いですが、こちらは鉄道の廃線跡を利用した自転車道。
JR水戸線の岩瀬駅~常磐線の土浦駅まで、
約40kmの距離があります。


関東周辺の輪行取材では、普通列車のグリーン車をよく使います。
P1070981.jpg
このプチ贅沢がたまらない!(笑)
シートが広くてゆったりなのはもちろんなんですが、
通勤とは逆方向なのでガラガラ、
自転車も手元において置けますし。

とはいっても、この日は平日とあって、
恵比寿駅での乗車時は、湘南新宿ライン小金井行きグリーン車には立ち席の人もいたほど。
ようやく新宿駅で席を見つけ、
池袋を過ぎると空席だらけになっていました。

小山で水戸線の乗り換え、岩瀬へ。
岩瀬駅周辺は何もなく、自転車でちょっと走ると中華料理屋が数軒ある程度。
P1070983.jpg
駅前にはプレハブの観光案内所兼レンタサイクル・ステーションがあるのですが、
営業は土休日だけとのこと。
人は置いていなくてもいいから、
自転車道の案内パンフレットくらいはいつでも取れるようにしてもらいたいですよね。

りんりんロードの起点は、JRの駅の反対側にあります。
P1070988.jpg
この自転車道は、*年で廃止された筑波鉄道の路床を利用したもの。
岩瀬駅にも、もちろん駅舎やホームがあったはすですが、
その面影はまったく見られません。

この岩瀬を含めて、駅跡が休憩所になっていて、トイレが設置されています。

ルートはこんな感じです。
P1070987.jpg
さあ、出発進行!


トンネルもあります。
P1070989.jpg

あぜ道と交差している踏切跡。
P1070992.jpg

こういうガードレールの目的は何なんですかね?
転落防止?
P1070993.jpg
でも、付いていない区間のほうが多かったですけど。


1kmごとにキロポストがあるのは便利ですが、
全線走破する人だけではないでしょうから、
欲を言えば休憩所までの距離もあればベター。
P1080038.jpg

沿線には、地味ながら観光スポットもあり。
P1070994_20130204223437.jpg

雨引休憩所に到着。
P1070995.jpg
プラットホームだけが残されていて、
次の休憩所までの距離が表示されています。

少ないですが、飲食店もあります。
P1070999_20130204223439.jpg
ただし、やはり平日だからなのか、お休み。

次の駅では、地元の方々が談笑されていました。
ちょっとお話を聞くと、毎日のように来られているとのこと。
お菓子などもいただき、ありがたいことです。
P1080003_20130204223439.jpg
しかし、休憩所に指定されていない駅跡は、駅名も何もない。
せっかく鉄道の面影を残すのなら、
駅名表示くらいはほしいものです。
ちなみにここは東飯田駅だと思われます。

次の駅も同様。
おそらく樺穂駅
P1080012_20130204223440.jpg

車道との交差は非常に多く、
交通量もバカにできないので、
しっかり左右確認が必要です。
P1080013_20130204223716.jpg
飛ばしたいローディーには不向きかもしれません。

しばらく走ると、自転車道側にこんな看板が!
P1080014.jpg
これは! という直感で表側に回り、
早めのランチをいただくことにしました。
P1080015.jpg

喫茶店「アメリ」
国道沿いの一軒屋レストランです。
P1080020.jpg

ランチメニューの中から、煮込みハンバーグをオーダー。
P1080016.jpg

デザートとコーヒーまで付いて1200円。
私にしてはかなり高いランチでしたが(笑)、
内容に見合う価格だと思います。
P1080018.jpg

この店から5分も走ると真壁休憩所。
もちろん真壁駅の跡です。
P1080026.jpg

真壁というのは古い町並みがある程度保存されていて、
観光地にもなっているようで、
ちょっと寄り道することにしました。

造り酒屋も。
P1080028.jpg

3月に開催されるひな祭りはかなり盛大だそうで、
雛人形を飾るお店も多かったです。
P1080027.jpg

ただ、2年前の震災で古い家屋は結構被害を受けていますね。
P1080032.jpg

この旧郵便局も壊れたようですが、
最近になって修復がようやく終わったそうです。
P1080035.jpg



自転車が街を...

自転車が街を...
著者:秋山岳志
価格:756円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

コメント

canalmania様 はじめまして。

お初で書き込みさせていただきます。佐藤と申します。私も自転車が好きで、パニアバッグを装着した自転車で、地元からちょっと離れた地域をサイクリングして健康増進、心身のリフレッシュ、メタボ予防に勤しんでいます。

自転車で道交法を意識して走るようになり、そして海外の自転車先進地域の環境を知るようになると、日本の先進国とは思えない未熟で不設計な自転車インフラに目が行くようになってきました。そして、歩道橋に関しても、冷静に考えてみればあれほどまでに自動車優先、弱者軽視を端的に表したインフラはそうそうないということも。アクセルペダルにちょいと圧を加えればスイスイ進める自動車の円滑な交通のために、子供からお年寄りまでの歩行者自転車すべてを長々しいスロープや地獄のような階段で遠回りさせるインフラ、それが歩道橋なのですから。そして、今ではようやくその歩道橋も全国的に撤去の動きにあるようです。歩車分離式信号の整備もまだまだ少ないですが、少しづつ進んでいます。いままでは自動車を我が物顔にさせすぎたのです、これからは、歩行者・自転車、すなわち『ヒト』の時代だと思います。
『クルマ優先を卒業し、ヒト徹底優先へ』

ついつい前置きが長くなってしまいました。自転車系のブログはあちこち拝見するのですが、canalmania氏の記事は特に画像や動画がたくさんあって、またレポートも丁寧で現場の臨場感がよく伝わってくる記事ばかりで、ファンになりました。

読みながら昔、ふと見聞きしたオランダの自転車事情を思い出したのですが
オランダでは自転車道と車道との交差部は、自動車が通る車道のほうに一時停止線があり、自動車のほうを停止させる、といった話を聞いたことがあります。交通の鉄則は弱者保護、弱者優先ですから、たしかに本来それが当然であるのは、うなづけるところです。日本も、交通の鉄則である弱者保護、弱者優先という概念に基づいて、道路設計を根本から見なおして歪みを取り除いてほしいところですね。そうしてこそ、他の先進国にも自慢できるというものなのですし。車道を自転車が真っ当に走るだけで自動車から威嚇されたり不愉快で危ない思いをすることが多い日本の現状は、本当に恥ずかしいことだと思います。自転車通行帯を整備しても、歩道に整備すれば歩行者の進入で機能不全に陥り、車道に整備すれば路上駐車の餌食となってこれまた機能不全に追い込まれる。

テレビや新聞は自転車ばかり槍玉にあげますが、実際問題として歩行者や自動車が自転車環境を尊重しなければ安全秩序も安全環境も実現しないということを、しっかりマスコミと行政は国民に強く伝えるのが本来の姿だとも思うところです。
そして、それは人々意識を変えることによって改善できることであるとも思うところです。

また、これからもご自分のペースで国内外の自転車事情を発信し続けてくださればと思います。
そのことにより、多くの人に自転車政策に関する共感や気付きを共有でき、それが日本の自転車活用推進の手助けになる、私はそう考えていますゆえに。

コメントありがとうございました

>佐藤様

コメントいただきありがとうございました。

日本は、歩行者や自転車がそれほど危険ではない国だと思っていたのですけど、いろいろなデータや事例を見るにつけ、そうでもないことがわかってきた次第です。
今後ともよろしくお願いいたします。
非公開コメント

月別アーカイブ

ユーザータグ

サイクルレーン ブロンプトン 輪行 駐輪場 ロンドン レンタサイクル シェアサイクル 自転車の安全 東京 Tokyo Bike Backstreets イギリス Tour タイ 政策 バンコク 静岡 ラオス サイクリング 八丈島 浅草 交差点 ラレー 大阪 渋谷 自転車ナビマーク 自転車道 ビエンチャン マレーシア サイクルカフェ 運河 クアラルンプール ポタリング ソウル 歩道 アイルランド 恵比寿 ダブリン ウィリエール シェア・サイクル 自転車レーン ルアンパバーン ジャイアント 自転車横断帯 横浜 韓国 サイクル・スーパーハイウェイ 名古屋 札幌 バンプ 清水 金沢 スーパー・サイクルハイウェイ 江東区 甲府 サイクルツアー 放置自転車 富山 横浜ベイバイク 北アイルランド BMW 大井川 岡山 秋葉原 三浦半島 折りたたみ自転車 栃木 川越 茨城 仙台 立川 筑波鉄道 オランダ 福井 つくばりんりんロード 武蔵小金井 銀座 ボリスバイク まちのり 川崎 ペダル バイク ベルファスト サイクリングロード 新宿 ヘルメット ストラトフォード・アポン・エイボン 日本 パレス・サイクリング 映画 信号無視 Cycle 歩車道 神奈川新聞 ノーンカーイ ナローボート ウドムサイ 米子 ちはやふる 沖縄 谷中 東京下町 ポロクル 下町 小径車 潮来 ミニベロ DATE BIKE 事故 霞ヶ浦 埼玉 千代田区 カペルミュール カメラ ロードバイク 台北 マーチ mAAch contour 自転車活用推進議員連盟 信濃町 四輪自転車 新川崎 ウェアラブルカメラ ハブチャリ 武蔵小山 アムステルダム 有栖川有栖 自転車活用推進研究会 COIDECO コイデコ 東京オリンピック・パラリンピック パンパン 本町通 自転車議員連盟 自転車カフェ コミュニティ道路 三輪車 Raleigh 東新宿 国立 軽車両 千石一丁目 白山通り 不忍通り 逆走 自転し通行指導帯 メッセンジャー T-Serv 天現寺橋 札の辻 トライショー えちぜん鉄道 岩瀬浜 マラッカ 東京オリンピック2020 博多 歩道上 西新井 ゾーン30 奄美大島 環状7号線 目黒通り ナビマーク 六本木 けやき通り 名瀬 高崎 マッカーサー道路 虎ノ門 早稲田大学 グリップ バックミラー 大井川鉄道 身延線 下部温泉 バス 飲酒 スイクル Suicle かえで通り 沼津 通勤 疋田智 to Work GIANT 京都 利根川サイクリングロード 琴似 酒酔い 羽生 バッグ 福岡 SPD シマノ ももちゃり 湖水地方 亀戸 東急線 宇都宮 渡れない交差点 修理 ブラッドフォード・オン・エイボン Network 教育 CS2 長原 旗の台 ベイバイク 千歳烏山 宮古島 茅ヶ崎 相模原 武蔵小杉 野川サイクリングロード 両国 National ナショナル・サイクル・ネットワーク 淡路島 自転車行政 一方通行 御坊 和歌山 しまなみ海道 足立区 仁川国際空港 中国 上海 警察 取り締まり ママチャリ 道路管理部 建設局 スイス 盛岡 東京都庁 フランス 焼津 池上 社会実験 淀川 枚方 水戸 ダッチバイク 竹富島 上尾 荒川サイクリングロード Loro 御船かもめ ダホン 浜名湖周遊自転車道 廃線跡 メンテナンス Tarzan クルーズポタ 雑誌 Pen 世田谷区 トゥパス 安全教室 自転車と旅 タルタルーガ 歩行者の安全 ブログ【】が記事「」をアップしました。 コミュニティサイクル スーパー・サイクルハイウェイ ボウ・エンド 左折 自転車通行指導帯 歩道走行 ロンドン・サイクル・ネットワーク ストラトフォード 商店街 長谷通り 静岡市 本通り 県道354号線 東京ミッドタウン 松江 フォールディング 土浦 星野リゾート ゆめしま海道 大洲 四国 ロシア Shibuya カフェ 伊予西条 電動バイク 江ノ島 江ノ電 松山 鎌倉 大島 E-bike 石鎚山 伊豆大島 Anstralia 伊豆 ルイガノ 多摩川 分倍河原 宮崎 那覇 スランゴスレン バーン・カチャオ ABC ウボン・ラーチャータニー 名護市 小名木川 函館 イギリス運河 イベント 車道走行 ペナン島 ヘッドフォン 路面電車 Hello Cycling 弘前 世界遺産 白神山地 東京湾フェリー 青森 多摩サイクリングロード 水元公園 渋沢栄一 深谷 房総半島 怪談 KHS 奥能登 大洗水族館 タンデム自転車 高知 ひたち海浜公園 谷根千 総社 柴又 コーヒー 見沼 花見 隅田川 サイクリングコース 若洲海浜公園 佃島 築地 しながわ区民公園 手賀沼 印旛沼 東扇島 白浜 田辺 福島 フォールディング・バイク 日帰り温泉 TUJ いすみ鉄道 深大寺 三鷹 笹塚 チェンマイ 琵琶湖 彦根 曳舟 走行指導帯 阿見 龍ケ崎 飛行場 米原 近江八幡 中川 春日部 佐野 BH 石岡 千葉 津田沼 恋瀬川 竹芝桟橋 浜松町 坂戸 若葉 お台場 新浦安 リッチモンド・パーク ラウンドアバウト エレファント&カッスル ウィンブルドン・コモン 南大沢 小倉 国道246号線 武里 目黒 台湾 You 中目黒 大泉 べイバイク 館林 エグスプロージョン 木次線 湯野神社 ノックエア 砂の器 奥出雲 出雲大社 一畑電鉄 亀嵩 自転車都市 サイクルトレイン でらチャリ 烏山 大田原 瀬戸街道 ウェイブ ポンプ タイカブ クリック イングリッシュガーデン 道の駅 宮部みゆき モールトン 秩父 散走 蓮田 あやめ祭り ラクスマリーナ 芦原温泉 町屋 ドコモ 水木しげる 妖怪 宍道湖 境港 鬼太郎 横浜カーフリーデー 大洗 ガルパン 港区