排出される二酸化炭素より「余計な」本

ペダリスト宣言!―40歳からの自転車快楽主義 (生活人新書)ペダリスト宣言!―40歳からの自転車快楽主義 (生活人新書)
(2007/12)
斎藤 純

商品詳細を見る


ブームも手伝って自転車に関する本の出版が多いようだが、
自分の自転車経歴をダラダラ披瀝するにとどまる内容が少なくない。

こちらの本もその典型。
シクロクロスからフォールディングへ、そしてロードレーサーへ。

それはそれで自転車の読み物として成立しているのだが、。
話は「都会の水質問題」(pp74-75)、
さらには「絵の具」(pp76-77)にまで飛躍していく。

エッセイとは多分に横道にそれる傾向が高いが、
ここだけでなく、あまりにそれが多いと、
何の本だか読者がわからなくなってくる。

極めつけは「音楽」だ。
著者は、自転車に乗ることによって聴く音楽の趣向が変ったという。
そして話は古楽器にまで及んでいくのだが、
この辺の話題だけで2ページから3ページを費やす。

「紙幅に限りがある」
と何度も繰り返し述べているのに、
いたずらに紙面を費やしている愚行。

さらに調子に乗った著者は、
いわゆる環境問題にも触れていくのだが、
これがまた「紙幅を費やす」だけの空疎な内容に終始。

今どき地球温暖化を
「地球が暖かくなり、氷がとけて、海抜0メートルの島がなくなる」
という程度の認識しか持っていない人はいないと思う
(p178)


と自らの環境意識の高さを披露しようとしてはいるが、
その後に書かれているのは新聞やテレビでよく報道されている
環境の一般問題の「切り抜き」でしかない。

というか、「南の島がなくなる」ことだって、
相当重要な環境問題なんじゃないだろうか。

そして、環境に対する自らの実践のひとつが
「プリウスに乗ること」だというのだから、
もう失笑するしかない。
それほど環境問題にセンシティブであるのなら、
自動車そのものに乗るべきではない。

しまいには『クリンキディの話』という物語(詩?)まで詠みつつ、
自己陶酔の境地に入っていく。(p181)

環境問題に言及するあまり、
自分が書いているのが自転車の本であることを忘れてしまったようだ。


プロフィールによれば、
著者は盛岡生まれで、現在も在住しているという。

だとしたら、本書でも少しだけ触れられてはいるが、
盛岡のような地方都市で自転車をいかに活用するか、
これにもっと「紙幅を割く」べきであったろう。

ヨーロッパの、とりわけ中小の都市においては、
CBD(中心街)から車を締め出し、
路面電車と自転車と歩行者のみが通行できる交通体系を採用しているところが増えている。

だとしたら、いの一番に「自転車都市」を確立できるのは、
東京のような大都市ではなく、
盛岡のような地方都市なのではないか。

この筆者は、それに気がついていながら、
やたら音楽だの水だの、
それこそインクと紙という資源を
浪費する内容だけでこの本を作ってしまった。

彼のように、書いているうちに自分の文章に陶酔してしまい、
あらぬところに走ってしまう人は珍しくない。
それを修正してタイトな文章構築を手がけるのが編集者の仕事のはずだが、
どうやらNHK出版の担当者にその技量はないらしい。


図書館で借りれば、それで十分な本です。

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ

ユーザータグ

サイクルレーン ブロンプトン 輪行 駐輪場 ロンドン レンタサイクル シェアサイクル 自転車の安全 東京 イギリス Bike Backstreets Tokyo Tour タイ 政策 バンコク 静岡 ラオス サイクリング 八丈島 浅草 交差点 ラレー 大阪 渋谷 自転車ナビマーク 自転車道 ビエンチャン マレーシア サイクルカフェ 運河 クアラルンプール ポタリング ソウル 歩道 アイルランド 恵比寿 ダブリン ウィリエール シェア・サイクル 自転車レーン ルアンパバーン ジャイアント 自転車横断帯 横浜 韓国 サイクル・スーパーハイウェイ 名古屋 札幌 バンプ 清水 金沢 スーパー・サイクルハイウェイ 江東区 甲府 サイクルツアー 放置自転車 富山 横浜ベイバイク 北アイルランド BMW 大井川 岡山 秋葉原 三浦半島 折りたたみ自転車 栃木 川越 茨城 仙台 立川 筑波鉄道 オランダ 福井 つくばりんりんロード 武蔵小金井 銀座 ボリスバイク まちのり 川崎 ペダル バイク ベルファスト サイクリングロード 新宿 ヘルメット ストラトフォード・アポン・エイボン 日本 パレス・サイクリング 映画 信号無視 Cycle 歩車道 神奈川新聞 ノーンカーイ ナローボート ウドムサイ 米子 ちはやふる 沖縄 谷中 東京下町 ポロクル 下町 小径車 潮来 ミニベロ DATE BIKE 事故 霞ヶ浦 埼玉 千代田区 カペルミュール カメラ ロードバイク 台北 マーチ mAAch contour 自転車活用推進議員連盟 信濃町 四輪自転車 新川崎 ウェアラブルカメラ ハブチャリ 武蔵小山 アムステルダム 有栖川有栖 自転車活用推進研究会 COIDECO コイデコ 東京オリンピック・パラリンピック パンパン 本町通 自転車議員連盟 自転車カフェ コミュニティ道路 三輪車 Raleigh 東新宿 国立 軽車両 千石一丁目 白山通り 不忍通り 逆走 自転し通行指導帯 メッセンジャー T-Serv 天現寺橋 札の辻 トライショー えちぜん鉄道 岩瀬浜 マラッカ 東京オリンピック2020 博多 歩道上 西新井 ゾーン30 奄美大島 環状7号線 目黒通り ナビマーク 六本木 けやき通り 名瀬 高崎 マッカーサー道路 虎ノ門 早稲田大学 グリップ バックミラー 大井川鉄道 身延線 下部温泉 バス 飲酒 スイクル Suicle かえで通り 沼津 通勤 疋田智 to Work GIANT 京都 利根川サイクリングロード 琴似 酒酔い 羽生 バッグ 福岡 SPD シマノ ももちゃり 湖水地方 亀戸 東急線 宇都宮 渡れない交差点 修理 ブラッドフォード・オン・エイボン Network 教育 CS2 長原 旗の台 ベイバイク 千歳烏山 宮古島 茅ヶ崎 相模原 武蔵小杉 野川サイクリングロード 両国 National ナショナル・サイクル・ネットワーク 淡路島 自転車行政 一方通行 御坊 和歌山 しまなみ海道 足立区 仁川国際空港 中国 上海 警察 取り締まり ママチャリ 道路管理部 建設局 スイス 盛岡 東京都庁 フランス 焼津 池上 社会実験 淀川 枚方 水戸 ダッチバイク 竹富島 上尾 荒川サイクリングロード Loro 御船かもめ ダホン 浜名湖周遊自転車道 廃線跡 メンテナンス Tarzan クルーズポタ 雑誌 Pen 世田谷区 トゥパス 安全教室 自転車と旅 タルタルーガ 歩行者の安全 ブログ【】が記事「」をアップしました。 コミュニティサイクル スーパー・サイクルハイウェイ ボウ・エンド 左折 自転車通行指導帯 歩道走行 ロンドン・サイクル・ネットワーク ストラトフォード 商店街 長谷通り 静岡市 本通り 県道354号線 東京ミッドタウン 松江 フォールディング 土浦 星野リゾート ゆめしま海道 大洲 四国 ロシア Shibuya カフェ 伊予西条 電動バイク 江ノ島 江ノ電 松山 鎌倉 大島 E-bike 石鎚山 伊豆大島 Anstralia 伊豆 ルイガノ 多摩川 分倍河原 宮崎 那覇 スランゴスレン バーン・カチャオ ABC ウボン・ラーチャータニー 名護市 小名木川 函館 イギリス運河 イベント 車道走行 ペナン島 ヘッドフォン 路面電車 Hello Cycling 弘前 世界遺産 白神山地 東京湾フェリー 青森 多摩サイクリングロード 水元公園 渋沢栄一 深谷 房総半島 怪談 KHS 奥能登 大洗水族館 タンデム自転車 高知 ひたち海浜公園 谷根千 総社 柴又 コーヒー 見沼 花見 隅田川 サイクリングコース 若洲海浜公園 佃島 築地 しながわ区民公園 手賀沼 印旛沼 東扇島 白浜 田辺 福島 フォールディング・バイク 日帰り温泉 TUJ いすみ鉄道 深大寺 三鷹 笹塚 チェンマイ 琵琶湖 彦根 曳舟 走行指導帯 阿見 龍ケ崎 飛行場 米原 近江八幡 中川 春日部 佐野 BH 石岡 千葉 津田沼 恋瀬川 竹芝桟橋 浜松町 坂戸 若葉 お台場 新浦安 リッチモンド・パーク ラウンドアバウト エレファント&カッスル ウィンブルドン・コモン 南大沢 小倉 国道246号線 武里 目黒 台湾 You 中目黒 大泉 べイバイク 館林 エグスプロージョン 木次線 湯野神社 ノックエア 砂の器 奥出雲 出雲大社 一畑電鉄 亀嵩 自転車都市 サイクルトレイン でらチャリ 烏山 大田原 瀬戸街道 ウェイブ ポンプ タイカブ クリック イングリッシュガーデン 道の駅 宮部みゆき モールトン 秩父 散走 蓮田 あやめ祭り ラクスマリーナ 芦原温泉 町屋 ドコモ 水木しげる 妖怪 宍道湖 境港 鬼太郎 横浜カーフリーデー 大洗 ガルパン 港区